• メール
  •  塩見 小兵衛 (しおみ こへえ) 生没年未詳

    塩見小兵衛作 老松木地溜塗茶器

    老松木地溜塗茶器
    (おいまつきじためぬりちゃき)

     塩見小兵衛作

     製作年代 : 
    江戸時代後期
    寛政頃(circa1790)

     法量 :
    直径93mm×高62mm

     鑑賞 :
    塩見小兵衛作 老松木地溜塗茶器 京都の伝説的な研出蒔絵の名工、塩見政誠作の後代と考えられる塩見小兵衛の茶器です。
     表千家6代覚々斎好の老松割蓋茶器を、江戸千家の祖、川上不白が塩見小兵衛に写させたものです。 同様な作例が数点あります。薄茶地宝尽金襴の仕覆と共箱が附属しています。

     形状 :
    塩見小兵衛作 老松木地溜塗茶器 塩見小兵衛作 老松木地溜塗茶器 碁笥形の覚々斎好老松割蓋茶器を忠実に写したものです。蓋は中央で割り、2カ所に設けた銀の蝶番で開くようにしています。

     技法 :
    身、蓋ともに挽物の木地に、透漆を塗った木地溜塗としています。 蓋裏には、川上不白が朱漆で「不白(花押)」と書きつけています。

     作銘 :
    塩見小兵衛作 老松木地溜塗茶器 底部左に黒漆で「塩」の作銘があります。

     外箱 :
    桐製桟蓋造の共箱が附属しています。当初仕覆はなく、包裂だったらしく、 後に仕覆の紐の分の側板を樅板で足しています。 蓋甲に「老松」蓋見返に「覚々斎好/老松茶器/不白(花押)」の墨書があり、 底に「塩見小兵衛」の墨書に黒文円形印があります。

     伝来 :
    2009年に国内でうぶで発見されました。

    塩見小兵衛作 老松木地溜塗茶器 塩見小兵衛作 老松木地溜塗茶器






    ↑先頭に戻る

    作者について知る⇒

    2019年11月17日UP