• メール
  •  梶川文龍斎 (かじかわぶんりゅうさい) 生没年未詳

    名物裂尽蒔絵印籠
    (めいぶつぎれづくしまきえいんろう)

     梶川文龍斎作

     製作年代 : 
    江戸時代後期
    明和・安永頃(circ.1770)

     法量 :
    縦70mm×横42mm×厚26mm

     鑑賞 :
    徳川将軍家の御蒔絵師、梶川家の明和・安永頃の当主と考えられている梶川文龍斎による精緻な印籠です。
     珊瑚の緒締と七宝入平戸細工鏡蓋根付が取り合わされています。

     意匠 :
    各段を二分割して枠を作り、名物裂等の様々な模様を区画ごとに替えています。上から松・唐草・花菱繋・唐花蔓草・福壽・浮線綾・蜀江文・竹・七宝繋・菊菱・青海波、 裏は梅散・雨龍・七宝繋・唐草・瑞雲・菱繋・花入蜀江文・木目・算木・花菱繋・忍草、天部に浮線綾、底部に花兎文散としています。

     形状 :
    江戸形、4段の小ぶりな印籠です。天地の甲を高く盛っています。

     技法 :
    ・総体黒蝋色塗地とし、区画ごとに付描でさまざまな名物裂を色漆を交えて表しています。 一部に螺鈿も用いています。
    ・段内部は銀梨子地です。

     作銘 :
    紐通の側面に「官工/文龍斎」の蒔絵銘と朱漆で花押があります。

     伝来 :
    同趣で、枠を金粉溜地にした旧ベーレンス・コレクションの「官工/梶川文龍斎」銘の印籠 は古くから欧米で名品として知られています。 一方、本作は、国内にあって実際に提物として実用に供されていたもので、2017年に新たに発見しました。

    ↑先頭に戻る

    →作者について知る




















    2017年12月31日UP