• メール
  •  原 羊遊斎 (はら ようゆうさい) 1769〜1845

    桜紅葉蒔絵重香合  
    (さくらもみじまきえじゅうこうごう)

     原羊遊斎作

     製作年代 :
    江戸時代後期
    天保年間(1830circa)頃

     法量 :
    縦56mm×横56mm×高64mm

     鑑賞 :
    全体に細かく抱一風の桜と紅葉を散らし、愛玩品というにふさわしい小さな重香合です。 酒井抱一・鈴木其一のパトロンであった油問屋の松澤孫八家伝来品です。

     意匠 :
    全体に、抱一風の桜の花と花弁、紅葉の葉を散らしています。 側面は、それぞれの面で構図や蒔き暈しの箇所を変えていますが、 どこにあわせても模様が連続するようになっています。

     形状 :
    正方形、3段の印籠蓋造で、角を唐戸面としています。底には低い脚が付いています。

     技法 :
    ・極めて薄い素地を組んで作られています。 総体黒蝋色塗地とし、平蒔絵で、桜は銀粉、紅葉は焼金に青金の蒔き暈しで朱を交えています。 付描は焼金です。
    ・段内部も黒蝋色塗で、釦を金地にしています。

     作銘 :
    蓋裏右側に「羊遊斎」の蒔絵銘があります。

     外箱 :
    桐製、桟蓋造の外箱に収められています。

     伝来 :
    大正7年(1918)に行われた「松澤家蔵品入札」にみえます。 松澤家は江戸日本橋本石町にあった油問屋の大坂屋孫八という豪商で、 酒井抱一、鈴木其一のパトロンでした。『光琳百図』所載の光琳作品や抱一、其一の作品を多数所持し、 近年、「夏秋渓流図屏風」(根津美術館蔵)や「朝顔図屏風」(メトロポリタン美術館蔵)の旧蔵者としても 注目されています。酒井抱一の書状幅が附属する「椿蒔絵棗」(泉屋博古館東京分館蔵))や 羊遊斎所持の「抱一花御堂誕生仏」、抱一下絵羊遊斎作の吸物膳等も所蔵していたので、 羊遊斎とも直接の関係があったようです。長らく所在不明でしたが、2011年に発見しました。



    ↑先頭に戻る

    作者について知る⇒




    二見浦蒔絵文台
    (ふたみのうらまきえぶんだい)

     原羊遊斎作 狩野養信下絵

     製作年代 :
    江戸時代後期
    天保6年(1835)〜天保14年(1843)頃

     法量 :
    縦343mm×横590mm×高153mm

     鑑賞 :
    徳川将軍家の奥絵師筆頭で木挽町狩野家9世、狩野晴川院養信(1796〜1846)の下絵 により、原羊遊斎が制作した文台です。鉄刀木の木地に、高蒔絵で伊勢の二見浦を描いたもので、 武家風の厳格な雰囲気を醸し出した作品です。原羊遊斎工房で天保後期に作られた傑作です。

     意匠 :
    二見浦の大注連縄を張った夫婦岩と崖の松を描いています。二見浦の夫婦岩は、 二見興玉神社にある奇岩で、古くから吉祥を表すものとして 描かれてきました。
     下絵銘は「晴川院法印筆」を焼金粉蒔絵で、 「中務法印」の白文方形印を古代朱の漆絵としています。 波や岩など、天保4年(1833)の原羊遊斎作・狩野養信下絵の 「骨山蒔絵書棚」(個人蔵)に極めて近い表現が見られます。

     形状 :
    天板は厚さ11mm、脚は12mm四方の細い脚です。高さが通常の文台よりも高いので、 ことさら華奢な印象を受けます。堅木の指物師の仕事で、隅金具を使わない簡素な構造です。

     技法 :
    ・簡素に見えながら、木地は当時高価であった唐木、鉄刀木(たがやさん)を使っています。 天板は板目の無垢板を、脚は柾板を組んで作っているため、 華奢に見えて頑丈な構造です。筆返しも同材です。
    ・全体に木地溜塗としています。波は焼金の木地蒔絵で、岩や松は高蒔絵で、 焼金を基調に青金を蒔き暈し、あるいは所々焼金の洗い出しとしています。 右端の崖は木地蝋研出で、丸粉と平目粉を肉合研出蒔絵にしています。

     作銘 :
    天板裏の左下に大きめに「羊遊斎作(花押)」の蒔絵銘があります。 羊遊斎の作銘は通常三字銘であり、 「作(花押)」銘としたのは特別な注文であったためと考えられます。

     狩野養信(かのう おさのぶ) :
    狩野晴川院養信は 寛政8年(1796)、 木挽町狩野家の8世、伊川院栄信(いせんいんながのぶ)の長男に生まれました。 15歳で父の見習いとして幕府の御用を勤め始め、跡目を継ぎ 奥絵師筆頭として11代将軍徳川家斉、12代家慶、13代家定の3代に仕えました。 はじめ玉川、のちに晴川と号し、文政2年(1819)に法眼、 天保5年(1834)には法印に進み、中務卿晴川院法印と称しました。 また会心斎とも号しました。 江戸城西丸・本丸の焼失により、再建した御殿の障壁画制作の総指揮を取ったことでよく知られています。 弘化3年(1846)に没しました。
    下絵銘写真 作銘写真  羊遊斎の作品で狩野養信下絵の作品は決して多くはありませんが、 「秋草蒔絵文箱」(手銭記念館蔵)、「骨山蒔絵書棚」(個人蔵)、 「鷺蒔絵印籠」(フランクフルト工芸博物館蔵)、「竹雀蒔絵硯箱」(個人蔵)が現存しています。

     伝来 :
    1999年に東京でうぶで発見されました。 狩野晴川院下絵の羊遊斎作品は他に4例がありますが、 極めて珍しいものです。大正6年(1917)、松平不昧の百回忌に東京三越呉服店で開催された「百回忌大展観」に出品された 「晴川院下繪羊遊齋蒔繪文臺硯箱」の文台に該当する可能性もあります。

    ↑先頭に戻る 

    作者について知る⇒

    2005年11月12日UP
    2018年 6月 1日展示替