• メール
  •  原 羊遊斎 (はら ようゆうさい) 1769〜1845

    原羊遊斎作「紅葉蒔絵硯蓋」


    紅葉蒔絵硯蓋  
    (もみじまきえすずりぶた)

     原羊遊斎作

     製作年代 :
    江戸時代後期
    天保年間(1830circa)頃

     法量 :
    縦318mm×横468mm×高313mm

     鑑賞 :
    かなり大きな、楕円形の食膳用の硯蓋です。 紅葉の落葉を写実的に散らしたもので、様々な蒔絵粉や色漆を用いて、高度な肉合研出蒔絵で表現しています。 伯爵土方久元の旧蔵品で、大正5年(1916)以来行方不明だった作品です。

     意匠 :
    大きく余白を取りながら、 大きさも種類も様々な紅葉を散らした意匠で、写実的な表現です。

     形状 :
    低い縁が付いた楕円形の盆状の硯蓋です。

     技法 :
    ・総体黒蝋色塗地です。研出蒔絵を主技法として、一部に平蒔絵と高蒔絵を併用し、 部分的に肉合研出蒔絵にもしています。 葉の重なりを非常に緻密に計画し、ちょっと見ただけでは、 どのような順序で作ったか分らないような複雑な蒔絵をしています。
     葉には、金粉、青金粉、銀粉だけでなく、青漆や朱漆を交えて色鮮やかに仕上げています。
     さらに蒔き暈しを行って微妙なグラデーションを表現しています。
     葉脈も付描、描割、引掻を使い分け、様々な表情を見せています。
    ・底面は淡梨子地に仕上げられています。

     作銘 :
    左方に「羊遊斎」の研出蒔絵銘があります。 通常みられるような直線的な銘ぶりと違い、抑揚がある羊遊斎の筆跡を感じる書体です。

     外箱 :
    桐製、桟蓋造の外箱に収めららています。蓋表に「原羊遊齋筆/紅葉蒔繪硯蓋 一箇」と墨書があり、 底には「尾州/鹿田村/廣瀬壽翁/藏品」と書きつけられています。
     廣瀬壽翁は江戸期の所蔵者と考えられますが、詳細は不明です。

     伝来 :
    外箱の書付のように江戸期には尾張国鹿田村の廣瀬壽翁という人物の所蔵品だったようです。注文者かもしれません。
    「土方伯爵某子爵家御所蔵品入札」  大正5年(1916)に東京美術倶楽部で行われた「土方伯爵某子爵家御所蔵品入札」に出品され、 入札目録に図版があります。明治期には伯爵土方久元の所蔵品となっていたようです。2011年に発見され、約100年ぶりに今回初公開です。



    ↑先頭に戻る 

    作者について知る⇒


    原羊遊斎作「鶏蒔絵印籠」全体写真

    鶏蒔絵印籠
    (にわとりまきえいんろう)

     原羊遊斎作 

     製作年代 : 江戸時代後期
    天保後期頃(circ.1840)

     法量 :
    縦87mm×横49mm×厚25mm

     鑑賞 :
    原羊遊斎工房で作られた格調高い印籠です。雌雄の鶏と雛を非常に高度な高蒔絵で緻密に表したもので、羊遊斎の印籠の中でも別格のものです。
     ボストン美術館所蔵の原羊遊斎「印籠下絵集」に下絵も残っており、資料的にも貴重です。
     白山松哉(1853〜1923)の パトロンでもあった今村繁三(1877〜1956)が愛蔵していた名品です。
     珊瑚の緒締と、根付には鶏兎古墨蒔絵根付が取り合わされています。

    『光琳百図』  意匠 :
    雌雄の鶏を裏表に配し、3羽の雛も表裏に配しています。雄鶏の堂々とした姿、雛の愛らしさが印象的です。
     ボストン美術館に所蔵される 原羊遊斎「印籠下絵集」には、完全に合致する下絵が残されており、羽根の細かい部分まで既に下絵の段階で描かれています。
     また『光琳百図』下に掲載される光琳屏風の鶏図に着想した可能性もあります。雄鶏を裏表で反転させたと 思われます。

     形状 :
    フォーマルな江戸形、紐通付の4段の印籠です。甲も高く盛っています。

     技法 :
    ・黒蝋色塗地に高蒔絵で表し、羽根はうあいの技法で表しています。
     羽根を一枚一枚、銀粉で高上げして、立体的に描割りで形作り、 上質の焼金粉をふんだんに使って蒔絵し、さらに付描きをしています。
    ・鶏冠部分は朱の石目としています。
    ・段内部は金梨子地です。

     作銘 :
    底部の左下に「羊遊斎」と極めて端正な蒔絵銘があります。銘ぶりも他の作銘に比べて格別美しいものです。

     伝来 :
    段内部写真 銘写真 白山松哉のパトロンであった今村繁三の旧蔵品で、大正14年(1925)に東京美術倶楽部で行われた「第二回今村繁三氏所蔵品入札」 で売却されました。その後長らく某宮家の所蔵で、1999年にサザビース・ロンドンで売却されました。蒔絵博物館では今回初公開です。 今村繁三以前の伝来は不明ですが、形状、グレードから見ていずれ大名家伝来品と考えられます。

     展観履歴 :
    「第二回今村繁三氏所蔵品入札」 2002 国立歴史民俗博物館・岡崎市立美術館「男も女も装身具」展

    ↑先頭に戻る 

    作者について知る⇒

    2005年11月12日UP
    2017年 9月23日展示替