• メール
  •  山本 春正 (やまもと しゅんしょう)

    嵯峨桐紋蒔絵吹雪
    (さがぎりもんまきえふぶき)

     春正(柏木)春継作

     製作年代 :
    江戸時代中期 宝暦頃

     法量 :
    直系79mm×高78mm

     鑑賞 :
    春正(柏木)春継作「嵯峨桐紋蒔絵吹雪」 山本春正家4代の春継作と考えられる吹雪です。一般に、茶道具界で山本春正作とされる棗は、 吹雪や中次の全体に蒔絵や研出蒔絵で表したものです。 無銘のものが多い中で、 作者の箱書がしっかりとあるものです。

     意匠 :
    花の蕾がたくさんある桐紋は、嵯峨桐紋と呼ばれています。嵯峨金襴の模様として有名です。

    春正(柏木)春継作「嵯峨桐紋蒔絵吹雪」共箱  形状 :
    蓋甲を平にし、上下の角を面取りした吹雪と呼ばれる茶器です。

     技法 :
    ・黒蝋色塗池に高蒔絵で嵯峨桐紋を表しています。 桐紋の葉の葉脈は描割りとしています。内側も黒蝋色塗です。

     共箱 :
    桐製四方桟蓋造の共箱に収められています。蓋甲には「吹雪/桐蒔絵」と墨書があり、 身の底には「春正」の墨書に印文が細かい黒文方形印が捺されています。 この黒印は、池田巌著『替茶器』に掲載されている宝暦8年紀の 「七宝文蒔絵棗」や、前田香雪「蒔繪師山本春正傅」(『建築工芸叢誌』第2期21) に掲載される「桐紋蒔絵茶器」と共通するものです。墨書の筆跡にも特徴があります。 山本春正作「桐蒔絵棗」(『建築工芸叢誌』第2期21)































    山本春正作「桜柳蒔絵硯箱」蓋見返し

    桜柳蒔絵硯箱
    (さくらやなぎまきえすずりばこ)

     山本春正作

     製作年代 :
    江戸時代後期 1820頃

     法量 :
    縦231mm×横213mm×厚43mm

     鑑賞 :
    京都の伝説的な研出蒔絵の名工、山本春正の後代が作ったと考えられる硯箱です。
     漆黒の地に繊細・鮮麗な研出蒔絵と平蒔絵で表した作品で、「春正蒔絵」と呼ばれるものの典型です。

     意匠 :
    山桜と風に吹かれる柳を意匠としており、見返しと見込みには、大きな満月と散る桜の意匠としています。

     形状 :
    長方形被蓋造で、平面の角を面を取り、蓋の角も面を取っています。 見込みには左の下水板に銀製の水滴と硯石を置き、右側に掛子を置いています。

     技法 :
    ・黒蝋色塗池に濃淡を付けて梨子地粉を蒔き、焼金粉、青金粉、銀粉を使った研出蒔絵、 平蒔絵で繊細緻密に表しています。 山桜の葉には朱を使い、幹には切金を置いています。 また桜の花は銀粉を用い、柳の枝は焼金と青金を蒔き分けて遠近感を出しています。
    ・見返しの月には銀板を貼っています。
    ・見込みには銀磨地長方形角丸の水滴を置き、長方形の硯石を据えています。

     作銘 :
    見返し左下に極めて小さく金蒔で「春正」と朱漆で「正景」の朱文方形印が研出蒔絵で表されています。 同様な印銘は「菊壽蒔絵印籠」が確認されています。

     伝来 :
    不明です。2013年に国内で見つかりました。








    ↑先頭に戻る 

    作者について知る⇒

    2018年3月21日UP