• メール
  •  塩見 政誠 (しおみ まさなり) 1647?〜1723?

    全体写真

    漁夫蒔絵印籠
    (ぎょふまきえいんろう)

     塩見政誠作

     製作年代 : 江戸時代中期
    宝永〜享保頃(circa1710)

     法量 :
    縦77mm×横68mm×厚25mm

     鑑賞 :
    京都の伝説的な研出蒔絵の名工、塩見政誠作の印籠です。
     繊細な研出蒔絵の特徴がよく表れた作品で、法隆寺献納宝物の「蜻蛉蟷螂蒔絵印籠」(東京国立博物館蔵)に近い印銘がみられます。
     琥珀の緒締に、鶺鴒鏡蓋根付が取り合わされています。

     意匠 :
    芦が茂る川で、網や素手で魚を捕る漁夫が躍動的に描かれています。 人物の絵画表現が実に見事です。 メトロポリタン美術館所蔵「曳舟蒔絵印籠」と画風・作風が極めて似ています。

     形状 :
    昔形4段で天地を平にした京印籠独特の形状です。

     技法 :
    ・黒蝋色塗池に焼金粉、青金粉、銀粉を使った研出蒔絵、研切蒔絵で繊細緻密に表しています。
     特に漁夫の人物表現は見事で、着衣には青漆や弁柄漆などの色漆も用い、 その細密な描写には超人的な技術がみられます。

    ・段内部は黒蝋色塗で、釦を金地にしています。 最下段にはドロリとした飴状の薬が残っており、薬入れとして実用に使われていたことが分かります。

     作銘 :
    右下紐通近くに「政誠」との朱文瓢形印が朱漆で入れられています。 ほとんどの塩見政誠の作品では紐通付近に「鹽見政誠」と朱漆で印形の銘が入れられます。 しかしこの銘はそれではなく、東京国立博物館の所蔵で法隆寺献納宝物だった 「蜻蛉蟷螂蒔絵印籠」の蓋裏にある「行年七十五翁鹽見政誠畫」に添えられた 「政誠」印に近いものです。

     伝来 :
    2015年に国内でうぶで発見されました。

    ↑先頭に戻る

    作者について知る⇒

    内部写真 銘写真
    2017年8月11日UP