• メール
  •  大村 玉山 (おおむら ぎょくざん)  生没年未詳

    全体写真

    竹雀蒔絵印籠
     (たけにすずめまきえいんろう)

     大村玉山作

     製作年代 : 江戸時代後期
    文政頃(1830〜1844)

     法量 :
    縦54mm×横53mm×厚20mm

     鑑賞 :
    小印籠で、皆研出で大胆な墨絵のような筆致の竹と、緻密な雀を表わしています。
     茶金石緒締に、香川勝廣作「竹図」の片切彫鏡蓋根付が取り合わせられています。

     意匠 : 銘写真
    竹に雀を両面に振り分けています。極端に簡略化した狩野風の竹と、 極めて精緻な雀とが対照的です。

     形状 :
    京形、紐通し付き3段の印籠で、玉山にしては珍しい形状です。 古い京印籠の木地を再利用 した可能性もあります。 裏写真 表写真

     技法 :
    ・ 黒蝋色塗地に平目粉を淡く蒔き、 焼金粉・青金粉・銀粉の研出蒔絵で竹に雀を表しています。草体の竹を墨絵風に表したところと、雀の精緻な描きこみが見所です。
    ・ 印籠の段の内部は、艶のない金粉溜地となっています。

     作銘 :
    拡大写真 内部写真 底の右下に「橘玉山」の蒔絵銘と「大村」の壺形印があります。 大村玉山は花押を入れた作銘が多く、壺形印を添えた作品は、 「孔雀蒔絵印籠」(ハンブルク工芸博物館蔵)・「瀧龍蒔絵印籠」・「王母桃蒔絵硯箱」 ・「高砂蒔絵三組盃」にのみ見られ、合計5点しか確認されていません。

     伝来 :
    2002年に国内で発見され、今回初公開です。

    ↑先頭に戻る

    作者について知る⇒



    王母桃蒔絵硯箱 (おうぼのももまきえすずりばこ)

     大村玉山作

     製作年代 : 江戸時代後期
    文政頃(1830〜1844)

     法量 :
    縦241mm×横221mm×高46mm

     鑑賞 :
    西王母の瑞桃をモチーフとして、高蒔絵で表現した硯箱です。 大村玉山による現在確認される唯一の文房具の作品です。 技術的にも他に例を見ない作行きで、鍍金七宝の水滴も見事で極めて貴重な傑作です。

     意匠 :
    大村玉山から小田玉得斎に譲られた下絵集(フランス・個人蔵)には、 これとよく似た下絵があり、「橘玉山(花押)」と署名もあります。 その下絵には中国風の立派な団扇の上に桃を配しています。 また同じデザインの饅頭形根付(掛川市二の丸美術館蔵)も現存しています。 その下絵のデザインから団扇を取り去ると、この硯箱の意匠になります。 西王母の留守模様で、三千年に1度咲くという瑞桃で、 桃には花と実があります。 この硯箱では団扇すら描かず、奥ゆかしい留守模様といえるでしょう。 見返し・見込みには一切絵柄はありません。

     形状 :
    被蓋造り、角面取りの硯箱です。見込み中央には大きめの硯と七宝の水滴を置き、両側には掛子が入ります。 この箱の内部はもともと金梨子地であったらしく、それをわざわざ黒塗りしたようです。 掛子の角に、透けて金梨子地が見えているところがあります。 恐らく蓋甲の著しい高蒔絵にあたって、将来、下地と高蒔絵の間に割れや剥離が起きることを恐れたのでしょう。 江戸中期頃に作られて、その後実際に狂いが生じなかった、 枯れた古物の金梨子地の硯箱をわざわざ塗り潰して使ったと考えられます。そのため、 この時代の硯箱としては、硯石が大きいのでしょう。

     技法 :
    ・ 地塗りは、黒蝋色塗にして、肉取りが非常に優れた高蒔絵をしています。高蒔絵には金・青金粉、枝の切り口にのみ銀粉を使用しています。
    ・ 桃の実は3mmも高上げしています。表面はさまざまな色の乾漆粉を蒔き、さらに朱金にするなど、 独特な表現をしています。
    ・ 葉の表は高蒔絵で描割りにしています。葉裏は洗い出しにして、葉脈の両脇を描割りにして残しています。 この表現方法は後に 同門の寛哉やその門下 是真一門が盛んに用いています。 おそらくこの作品が一番古い時期に当たるでしょう。
    ・ 花と蕾は金貝の極付けになっており、見事な付描がなされています。
    ・ 水滴は金銅製で、台座は二重の菊座に赤・青・白・黄色などの七宝になっています。見込み・見返しが無地なだけに、この水滴は目を引きます。

     作銘 :
    大村玉山は作銘に非常に凝り、 作品ごとに書体や字配りなどよく考えて 銘書しています。この硯箱では特に凝っているようで「自得斎橘玉山作」と篆書体の蒔絵銘と 「大村」の壺形印があります。壺形印は他に「孔雀蒔絵印籠」(ハンブルク工芸博物館蔵)と「竹雀蒔絵印籠」 「瀧龍蒔絵印籠」・「高砂蒔絵三組盃」にのみ見られ、合計5点しか確認されていません。

    外箱写真 作銘写真  伝来 :
    国内に長らく所蔵され、今回初公開です。外箱は頑丈な桐の被蓋造の箱で、 ネズミにかじられた痕がありますが、箱の桐材が厚かったために助かっています。 「大邑玉山蒔畫/硯筥」と昔
    の所蔵者が表に書きつけています。

     展観履歴 :
    2009 国立能楽堂資料展示室「能の意匠」展

    ↑先頭に戻る  作者について知る⇒

    2007年12月3日UP
    2007年12月9日更新