• メール
  • 柴田是真
    生誕二百年展
  •  柴田 是真  (しばた ぜしん) 1807〜1891

    青海波貝尽蒔絵硯箱
    (せいがいはにかいづくしまきえすずりばこ)

     柴田是真作

     製作年代 :
    江戸時代末期 
    安政〜文久頃(circ.1860)

     法量 :
    縦297mm×横172mm×高40mm

     鑑賞 :
    柴田是真が発明した青銅塗、元禄以来断絶していた製法を復興した青海波塗、 そして緻密な貝尽し蒔絵となっています。 是真の特長が顕著に表れ、制作も優れ、見所が満載な超一級の傑作です。

     意匠 : 見込・見返写真
    青海波塗による波の波打ち際には、岩や藻、そしていろいろな種類の貝が散らされています。 この貝をよく見ると、いくつかの中には、唐花文・七宝文・雪華文などが散らされ、 吉祥文であることを暗示しています。つまり正しく「海の幸」です。
     そしてまた是真は、この構図・意匠を引き伸ばして、高さ三尺の袋戸にも試みています。 その袋戸は『是真翁画鑑』に所載で、当時は、幕末にうなぎ小料理店を開業した、 別所金七こと「竹葉亭」の所蔵でしたが、その後売立られ、現所在は不明です。
     硯箱の見込みと見返しは淡梨子地で模様はなく、 見返しにはあえて、印象的な作銘だけがあります。

     形状 :
    竹葉袋戸写真 青海波塗・青銅塗など、それまでにない技法を駆使しているため、 箱全体もあえて旧来の伝統にとらわれない形状としています。
     箱は隅切りという八角形になっており、木地は厚く頑丈で、 全体的に平たく、どっしりとした感を与えます。
     硯・水滴・印肉入は底板に直接落とし込むようになっています。
      水滴と印肉入は素銅地に金鍍金の無地です。 維新以前の是真の硯箱の水滴は、皆この程度の粗末なものです。
     蓋はあえて、格式の低い桟蓋として、ゆるく大きな面を取っています。 大面取り・桟蓋の平硯箱は古満巨柳も制作しており、 こうした伝統にとらわれない斬新なところが、 江戸後期古満派の特長となっています。

     技法 :
    拡大写真 ・ 青海波塗りは元禄時代に青海勘七が発明した変わり塗りでしたが、 江戸ではその技法は百年以上も断絶していました。
     是真は弘化年間に幕府御用達商人松本兵四郎から 脇差の鞘にこの塗りをすることを依頼されました。 そこで是真は高弟の池田泰真 とともに研究し、 2〜3年の歳月をかけてこの技法を復興したのです。
     青海波塗りは、乾きを早く、しかも軟らかくした絞漆を使い、 キザキザと櫛目を付けた箆で伸ばしながら掻きとっていきます。 技法自体は現代でも可能ですが、このような広い面積に破綻なく、 規則正しく波に見えるように描くには、 手が滑らかな波の動きを記憶していなければならないのです。  しかも10分ほどで作業を終えなければ、 固まってしまう失敗が許されない技法です。 また波打ち際では、さざなみの細かい模様 を竹串でひとつずつ付けています。
    拡大写真
     さらに側面左肩付近は、身と蓋と別々に作ったにもかかわらず、 青海波の模様が、よく連続するよう配慮されています。
    ・ 是真は、金銀は貴重で、蒔絵の材料は金銀に限るべきではない、というのが持論でした。 また金銀を多く使ったものは、金銀の目方によって量られるため、 金銀のためにその価値を損うとも考えていました。 そこで金銀を使わない、さまざまな変塗りや蒔絵を発明しました。 また是真は物を粗末にすることを最も嫌ったと伝えられます。 漆は空気中の水分と化合してカサカサに固まります。 当時それらは廃棄物となっていました。 是真はそれを砕いて乾漆粉とし、変わり塗りの材料としていました。 その乾漆粉はこの硯箱でも随所に使われています。 拡大写真
    ・ 青銅塗りは、袋物商丸屋利兵衛のために是真が発明した変塗りで、 是真の作品の数割を占めます。
     この作品でも地に青銅塗を行っています。作品によっても色合いが違いますが、 この作品では、粉体(炭粉)を雲形に蒔くことによって、 漆が吸いあがり、ざらざらとした石目の模様が生じています。 さらに大小の石黄の顔料を蒔くことによって、 全体で雅味のあるこの青銅塗が形成されています。
      この作品では全面に青銅塗りで、底や口縁にまで入念に施されています。
    ・ 岩の部分は錆漆で高上げし、乾漆粉を使ってゴツゴツとした感じを出し、 茶漆に金粉を蒔いてリアルに表現しています。さらに岩の上の海藻は、 筆致が力強く、まるで岩に載っているかのように仕上がっています。 拡大写真
    ・ 貝の部分は良い金粉を使い、切金や切貝を置き、 研出蒔絵まで併用した緻密な出来です。 印籠蒔絵師としての腕の見せどころになっています。

     作銘 :
    表面の見事さに感動した鑑賞者が蓋を開けると、 そこには模様が一切なく、見返しの左下に銘があるだけですから、 鑑賞者の眼は自然とそこに注がれます。
     蒔絵銘は上質の丸粉を使い、 丁寧に磨き上げられています。大字で、 しかも非常に強い筆跡で自信に満ちています。 印は「古満」の方形印です。同じ形の印は、 明治6年にウィーン万国博覧会へ出品した「富士田子浦蒔絵額面」でも見られます。 本作では、鮮やかな朱にするために、蒔朱としています。 蒔絵銘

     伝来 :
    伝来は不明です。2005年にうぶの状態で発見しましたが、2001年に見たという情報もあります。 いずれにしても、近年までは関東の旧家でひっそりと眠っていたようです

     展観履歴 :
    2007 「柴田是真生誕二百年展」
    2008 京都国立博物館「japan 蒔絵」展
    2009 サントリー美術館「japan 蒔絵」展
    2012 根津美術館「ZESHIN」展



    全体写真

    籠秋草蒔絵印籠
    (かごにあきくさまきえいんろう)

     柴田是真作

     製作年代 :江戸時代末期
    安政〜文久頃(circ.1860)

     法量 :
    縦61mm×横48mm×厚16mm

     鑑賞 :
    画・蒔絵とも是真らしさが顕著に表われた作品です。
      また蒔絵の他に漆絵・素彫りなど是真でなければ出来ない技が使われています。
     緒締は珊瑚珠、根付は「萩兎蒔絵箱根付」が取り合わされています。

     意匠 :
    籠に籠に薄・葛・女郎花・菊の秋草と鎌を投げ込んだ意匠です。
     籠に秋草の意匠は是真が好んだモチーフの一つです。
     この作品では籠に鎌を掛けていますが、籠に瓢箪を括りつけた意匠の作品もあります。

     形状 :
    羊遊斎の印籠には同じボディーを使ったものがいくつか見られます。 しかし是真の場合はほとんどが異なります。 恐らく注文者の体格と好みと印籠の意匠に合わせて、 その都度最もふさわしい形と大きさを決めたのでしょう。 この胴張形に紐通しを付けた形は、是真がしばしば好んで作っています。 そしてこの印籠で特筆すべきは小ささです。 それがモチーフを間延びさせずに、 愛玩品として素晴らしさをより一層引き立てているのです。

     技法 :
    表拡大写真 ・金粉溜地に高蒔絵・研出蒔絵・ 丸毛彫刀で素彫りを駆使しています。
    ・籠の中の部分は、研出蒔絵になっています。 秋草の1本1本は、籠の中では研出蒔絵で表され、 籠から出ると高蒔絵になります。
    ・女郎花の花には平目粉が一つずつ丁寧に置かれています。
    ・葛の花は弁柄漆に四分一粉を蒔き付けており、 薄の穂は透漆で描かれ、淡く銀蒔きされてます。 このような部分では、置き目をするとその線が透けるため、 置き目ができません。画才がある、是真ならではの技法です。
    ・籠に投げ込んだ鎌は鉄錆塗とし、刃に銀粉を打ち込んでいます。
    ・菊と撫子、 流水文の丸毛彫りの冴えは実に素晴らしいものです。 完成した蒔絵の部分に刀を当てて削り取るという事は、 全く失敗が許されません。画と刀技において腕に覚えがある是真ならではの離れ業なのです。

     作銘 :
    銘写真 底部には「是真」の片切彫銘があります。

     伝来 :
    伝来は不明です。2005年国内で発見されました。

     展観履歴 :
    2007 「柴田是真生誕二百年展」
    2012 根津美術館「ZESHIN」展

    ↑先頭に戻る  

    作者について知る⇒ 

    2005年11月22日UP
    2016年  5月 3日更新