• メール
  •  山本 武光 (やまもと たけみつ) 1815〜1870

    全体

    菊紋蒔絵香箱
    (きくもんまきえこうばこ)

     山本武光作

     製作年代 : 
    江戸時代末期
    嘉永〜慶応頃(1848〜1867)

     法量 :
    縦96mm×横100mm×高45mm

     鑑賞 :

    禁裏蒔絵常職、山本武光による香箱です。
     黒蝋色塗地に、十六弁の菊紋を詰めて表しています。 色漆を使わず、しかも単調にならずに得意の御紋章蒔絵を正確に表した 禁裏蒔絵常職として、御紋章蒔絵を得意とした山本利兵衛家の面目躍如たる作品です。

     意匠 :
    大小様々な菊紋を重なっているかのように、描割にしながら詰め描きしています。十六弁の菊花紋は皇室の御紋章です。

     形状 :

    わずかに横が長い長方形角丸の香箱で、蓋甲を高く設けて塵居を設け、ています。印籠蓋造で、置口には 玉縁を巡らしています。底は緩く刳り、角に面を取っています。

     技法 :
    黒蝋色塗地に金・銀・青金粉の研出蒔絵と平蒔絵に朱金・絵梨子地を交えて、描割にしながら菊紋を散らしています。 箱内部も黒蝋色塗です。

     作銘 :
    底の角の面取部に、隠し銘のように小さく「山本作」の蒔絵銘があります。この「山本作銘」は、 山本利兵衛家に伝来した「千羽鶴蒔絵三組盃」、 「耕作蒔絵印籠」(ヴィクトリア&アルバート美術館蔵)、「藻鯉蒔絵印籠」等に僅かにみられます。

     伝来 :
    国内に伝来し、2019年に新たに確認しました。今回初公開です。

     展観履歴 :
    2020 京都市京セラ美術館「京都の美術 250年の夢」展





    ↑先頭に戻る 

    作者について知る⇒



    2020年6月18日UP