• メール
  •  山本 武光 (やまもと たけみつ) 1815〜1870

    全体

    菊紋蒔絵香箱
    (きくもんまきえこうばこ)

     山本武光作

     製作年代 : 
    江戸時代末期
    嘉永〜慶応頃(1848〜1867)

     法量 :
    縦96mm×横100mm×高45mm

     鑑賞 :
    禁裏蒔絵常職、山本武光による香箱です。
     黒蝋色塗地に、十六弁の菊紋を詰めて表しています。 色漆を使わず、しかも単調にならずに、禁裏蒔絵常職として得意の御紋章蒔絵をした 山本利兵衛家の面目躍如たる作品です。隠し銘のような作銘であり、孝明天皇御用品の可能性もあります。

     意匠 :
    大小様々な菊紋を重なっているかのように、描割にしながら詰め描きしています。 十六弁の菊花紋は皇室の御紋章です。 特に山本武光は、宮中より「菊花御紋章の描法特によろし」との御褒旨を賜り、 歴代で初めて禁裏蒔絵常職となっただけに、格別のものです。

     形状 :

    わずかに横が長い長方形角丸の香箱で、蓋甲を高く設けて塵居を設けています。印籠蓋造で、置口には 玉縁を巡らしています。底は緩く刳り、角に面を取っています。

     技法 :
    黒蝋色塗地に金・銀・青金粉の研出蒔絵と平蒔絵に朱金・絵梨子地を交えて、描割にしながら菊紋を散らしています。 箱内部も黒蝋色塗です。

     作銘 :
    底の角の面取部に、小さく「山本作」の蒔絵銘があります。 こうした場所に作銘を入れた例は非常に珍しく、 隠し銘の意図があったと考えられます。 こうした「山本作」銘は、 山本利兵衛家に伝来した「千羽鶴蒔絵三組盃」にもみられるほか、 「耕作蒔絵印籠」(ヴィクトリア&アルバート美術館蔵)、「藻鯉蒔絵印籠」等に僅かにみられます。

     伝来 :
    国内に伝来し、2019年に新たに確認しました。今回初公開です。

     展観履歴 :
    2020 京都市京セラ美術館「京都の美術 250年の夢」展


    ↑先頭に戻る 

    作者について知る⇒


    全体

    海松貝蒔絵小広蓋
    (みるかいまきえこひろぶた)

     山本武光作

     製作年代 : 
    江戸時代末期 安政5年(1858)

     法量 :
    縦270mm×横330mm
    ×高34mm

     鑑賞 :
    禁裏蒔絵常職、山本武光による小広蓋です。
     黒蝋色塗地に、研出蒔絵と高蒔絵で海松と貝を表しています。 伝統的な図様を堅実に謹直に格調高く表したもので、 御所、すなわち孝明天皇の御手元品の可能性が考えられます。

     意匠 :
    海松(海藻)に様々な種類の貝を組合せて散す伝統的な意匠です。漆工以外に染織品にもみられます。

     形状 :
    広蓋は衣類などを載せる、角丸で垂直の縁が付いた盆です。 小広蓋は衣類が載らない大きさなので、身の回りのものを載せたと考えられます。

     技法 :
    黒蝋色塗地に、海松(海藻)だけを焼金粉の研出蒔絵で表しておき、 その上に、様々な貝を、焼金粉と青金粉の高蒔絵 で表しています。このようにわざわざ研出蒔絵を併用したのは、江戸時代の職人らしいこだわりです。 縁の釦にも、比較的粗い焼金粉の平蒔絵とした入念な作品です。

     作銘 :
    器物本体には作銘はありません。

     外箱 :
    樅製、被蓋造、黒漆塗の外箱が附属しています。 蓋甲には「ミル貝蒔繪/小廣蓋」、底には「安政五年午十一月/山本武光造」と錫粉で 蒔絵されています。

     伝来 :
    2020年に京都の古美術市場で新たに出現しました。御所から下賜されたものと考えられます。

     展観履歴 :
    2021 国立能楽堂資料展示室
    「日本人と自然 能楽と日本美術」展


    ↑先頭に戻る 

    作者について知る⇒


    2020年6月18日UP
    2021年 9月 2日更新