• メール
  •  池田 泰真 (いけだ たいしん) 1825〜1903

    籠蜆蒔絵目録盆 (かごにしじみまきえもくろくぼん)

    全体写真  池田泰真作 福岡卜斎木地

     製作年代 :
    江戸時代末期〜明治時代初期(circ.1870)

     法量 :
    縦218mm×横146mm×高10mm

     鑑賞 :
    指物師・注文者・鑑定人まで判明する池田泰真の基準作品です。 柴田是真の高弟の名にふさわしく、画風・作風とも是真風をよく守っています。

     意匠 :
    「籠に蜆図」です。画風は是真風で、籠に付けられた紐の曲線や、 蜆の配置など是真らしさを受け継いでいます。

     形状 :
    拡大写真 木地縦長で角丸の目録盆です。

     技法 :
    ・ 木地を二種類の材で片身替わりにしています。左は神代杉、 右は塩地で、削ぎ継ぎにしています。収縮率の違う材木を継ぎながら寸分の狂いも生じていません。 指物師福岡卜斎の高度な技が見られます。 表面は砂擦りをして木目を浮き出させ、擦漆をしています。
    ・ 籠の口の部分は茶漆を使い、籠目は黄漆に焼金粉を蒔いて研ぎだしています。
    ・ 籠の紐は平蒔絵にし、紐の拠った線は針掻きとしています。 針掻きも是真やその師古満寛哉が得意とした技法です。
    ・ 蜆は絞漆を使っています。つまり青海波塗りの応用で、 絞漆で貝の形に塗り、竹串で模様をつけたのでしょう。 白く見える模様には銀粉を蒔いています。籠蜆蒔絵目録盆

     指物師 : 福岡卜斎(ふくおかぼくさい)
    福岡卜斎は、京都の指物師駒沢利斎の系統を引く指物師の家柄で、卜斎はその四代目です。 通称は鐵五郎で、石黒喜八のもとで修業し、23歳で代々の卜斎を相続しました。 幕府や諸侯の茶席用の道具を製作し、当時は江戸随一の指物師といわれていました。 柴田是真と同じように嚢物商「丸利」の仕事をし、 明治初年には明治天皇の宝冠嚢の箱も作りました。 ウィーン万国博覧会で有功賞牌、内国勧業博覧会で花紋賞牌を受賞。 浅草区瓦町二十九番地に住んで、 柴田是真・池田泰真・柴田真哉などによる木地蒔絵の指物を多く手懸けました。

     池田泰真手控帳 :
    手控 池田泰真は門人が多かったため、その手控帳は、門流の元に分散して現存しています。
     こうした手控帳の内容は風景や人物、動植物などの写生、 作品の下絵や置目、完成作品の押型などからなっています。
     弟子はそうした師匠の手控を貰い、 手本にしたり、参考にして自分の作品に活かしていました。
     現在確認されているのは、
     池田泰真 ⇒ 池田泉哉
     池田泰真 ⇒ 高井泰令
     池田泰真 ⇒ 都筑幸哉 ⇒ 山口春哉
    の3つの系統です。
     この内、山口春哉方に伝わった 「池田泰真先生作品集 幸哉先生所持」 という題名が付けられた手控に、 この目録盆の押型があります。

     作銘 :
    泰真銘写真 卜斎銘写真 目録盆の表右下の木地と同化して見えにくい場所に「泰真」の蒔絵銘があります。 是真一門では、あえて一見して見付けにくい場所に銘を入れることがよくあるのです。
     裏面には指物師、福岡卜斎による焼印があります。

     伝来 :
    是真一派の愛好家であった藤岡惣次郎の旧蔵品です。 大正9年5月24日に東京美術倶楽部で行われた「当市藤岡家所蔵品入札」の売立目録に所載です。 「四七七 卜齋木地泰眞籠蜆蒔繪目録盆 泉哉箱」がこの作品に該当します。 藤岡家と是真一派との関係は70年に及び、 その所蔵品では、是真一門の作品を61点も数えることができます。 共箱も多くありますが、共箱がないものには、後に一門が極書をしています。 是真の作品は子や弟子が極め、池田泰真の作品は養子の池田(旧姓、平山)泉哉が極書をしています。 この作品でも、泉哉が表に「泰真作/籠ニ蜆蒔絵 盆」と表書をし、 「泉哉鑑(古満)」と署名して極めています。2002年、82年ぶりに発見されました。

    ↑先頭に戻る

    作者について知る⇒



    若松鶴蒔絵煙管筒
    (わかまつにつるまきえきせるづつ)

     池田泰真作

     製作年代 :
    江戸時代末期〜明治時代初期
    (circ.1870)

     法量 :
    長212mm×幅30mm×厚19mm

     鑑賞 :
    象牙を刳抜鞘にし、そこに若松に鶴を高蒔絵した極めて贅沢な池田泰真の煙管筒です。
     池田泰真は籐網代の煙管筒を非常に多く作りましたが、 入念な塗り下地のものは少なく、ましてや本作のように贅沢な象牙胎のものは極めて稀なものです。
    若松鶴蒔絵煙管筒 若松鶴蒔絵煙管筒  また池田泰真の手控帳に押型も残り、資料としても基準となる作品です。
     金無垢松竹梅透彫の緒締と鉄地松鶴前金具の煙草入を取り合わせています。

     意匠 :
    若松に二羽の鶴を描き、足元に流水を配しています。煙管筒の縦長の器形 にふさわしいデザインです。

     形状 :
    一般的な男性用の煙管筒で、紐通は中央部に削出して形作っています。

    若松鶴蒔絵煙管筒  技法 :
    素地は象牙を刳り抜いて、内筒、外筒を作っています。 鶴の身体の輪郭や羽根の部分は肉合彫にして立体的に形作っています。
     若松や鶴の細部は焼金の高蒔絵です。付描の線が力強く見事です。また尾羽は黒漆で盛り上げ、黒漆で付描しています。 若松の枝や鶴の丹頂には、洗出し技法を使っています。

     作銘 :
    下部棟寄りに「泰真」の蒔絵銘があります。

     池田泰真手控帳 :
    若松鶴蒔絵煙管筒 池田泰真は門人が多かったため、その手控帳は、門流の元に分散して現存しています。 こうした手控帳の内容は風景や人物、動植物などの写生、 作品の下絵や置目、完成作品の押型などからなっています。 弟子はそうした師匠の手控を貰い、 手本にしたり、参考にして自分の作品に活かしていました。 現在確認されているのは、
     池田泰真 ⇒ 池田泉哉
     池田泰真 ⇒ 高井泰令
     池田泰真 ⇒ 都筑幸哉 ⇒ 山口春哉
    の3つの系統です。この内、山口春哉方に伝わった 「池田泰真先生作品集 幸哉先生所持」 という題名が付けられた手控の中に、 この煙管筒の押型があります。

     伝来 : 国内に伝来し、2012年に発見しました。

    ↑先頭に戻る

    作者について知る⇒







    2006年 1月 1日UP
    2015年 5月17日展示替