• メール
  •  中山 胡民 (なかやま こみん) ? 〜1870

    立鶴蒔絵香合 (たちづるまきえこうごう)

     中山胡民作 吉村観勢好

     製作年代 : 江戸時代末期
    嘉永3年(1850)か

     法量 :
    径78mm×高18mm

     鑑賞 :
    表は黒漆の真塗りで、何一つ模様はなく地味な作品です。 その分、蓋を開けて返した時に現れる真鶴(まなづる) の立ち姿に驚かされます。 工芸における琳派の後継者らしい作品です。 町人茶人、吉村観阿(1765〜1848)の後妻、観勢(1781〜1854)の好み物です。

     意匠 :
    琳派風の立鶴です。下絵銘はありませんが酒井抱一か、その一門によるものでしょう。 酒井抱一筆の群鶴図屏風(ウースター美術館)を思わせる画風です。 吉村観勢の俗名、田鶴にちなんだ意匠とも考えらえます。

     製作背景 :
    同じ作品が数点現存しています。町人茶人吉村観阿の後妻、観勢の好み物で、 嘉永3年(1850)の古稀の七十賀に際して百個作らせて配り物としたようです。 ただし本作は注文者の手元に残されたもの、あるいは後から追加したものと考えられます。

     形状 :蓋裏写真
    一文字丸香合といわれる、天板と底板が直線で平行になっている丸形の香合です。 印籠蓋造りで薄い錫縁を廻らしています。

     技法 :
    ・ 外は真塗りという油を含んだ漆を塗り立てて仕上げています。天板と底板は木目が透けており、 布着せをしていません。側面は布着せをしており、合口は錫縁になっています。
    ・ 蓋裏のみが黒蝋色塗りに研出蒔絵です。立鶴も銘も全て研出となっています。 鶴全体は焼金粉、背に青金粉を蒔き暈かし、尾羽には銀粉、腹には炭粉を蒔いています。

     作銘 :
    「法橋胡民造」の蒔絵銘と、「泉々」の朱漆書長方形印があり、いずれも研出銘になっています。

     外箱 :
    革緒の付いた四方桟蓋の樅箱が付属しています。蓋表には「立鶴 香合」と墨書があります。 箱の底左下には、指物師の黒印があり、「如件」との瓢箪形印となっています。
     蓋見返しには「観勢/百之内」という箱書があるものは配り物であったと考えられますが、 本作にはありません。

     伝来 :
    伝来は不明です。配り物であるため、かなりの数が現存していると考えられます。
    外箱写真  同様な作品をこれまでに6点確認しています。  大正8年5月26日「旧華族家(子爵笠間藩主牧野家)御蔵品展観入札」にも、同様な作品が出品されています (「観阿箱」となっていますが、「観勢箱」の誤りのようです)。一橋徳川家の売立目録にも見られます。
     またスイスのバウアー・コレクションにも同じものがありますが、 これは外が余りに地味であったために、 名工の鵜沢松月が大正期に蓋甲に蒔絵を施しています。 売立写真

     吉村観勢 :
    浜松藩士瀧原氏の娘で、名が田鶴。吉村観阿の後妻となり観阿の茶事や鑑定を内側から支えていた と考えられています。観阿は八十賀の際に、原羊遊斎に一閑張桃蒔絵棗を125個作らせて、配り物としました。 また原羊遊斎作、酒井抱一下絵「松竹梅蒔絵三組盃」(個人蔵)の箱書に「白酔庵観勢所持」とあり、 観阿の所持品に観勢が箱書きしたと考えられます。


    ↑先頭に戻る

    作者について知る⇒





    若竹蒔絵印籠 
    (わかたけまきえいんろう)

     中山胡民作 

     製作年代 : 江戸時代後期
    嘉永〜安政頃(1850〜60)

     法量 :
    縦86mm×横47mm×厚27mm

     鑑賞 :
    中山胡民による繊細緻密な印籠です。岩に若竹が緻密な研出蒔絵、高蒔絵で表されています。
     緒締には瑪瑙珠、根付は鶴蒔絵箱根付が取り合わされ、「竹に鶴」の意としています。

     意匠 :
    勢いよく伸びる若竹を意匠とした印籠です。
     中山胡民作「竹林蒔絵印籠」は東京国立博物館をはじめ、静嘉堂文庫美術館、 スイスのバウアーコレクション等にも所蔵されています。 これらは表には岩に竹林、裏には若竹の竹林が描かれています。
     この印籠は両面ともに岩に若竹とし、根元には筍が生えています。 

     形状 :
    格調高い江戸形5段、紐通付きの印籠です。


     技法 :
    ・黒蝋色塗平目地に、研出蒔絵と高蒔絵で表しています。
     若竹は、地に焼金と青金の研出蒔絵で表した上に、 焼金の高蒔絵で表して、遠近感を表現しています。
     岩は高蒔絵で立体的に表し、焼金粉に青金粉を蒔きぼかし、金の切金を主として、 銀の切金もところどころに置いています。
    ・段内部は金梨子地です。

     作銘 :
    底部左下に極めて小さな字で、「法橋胡民作」と蒔絵銘があります。

     伝来 :
    国内にうぶで伝来し、2016年に出現しました。絹の印籠袋が附属し、傷一つない状態で伝えられた名品です。 銘文と意匠が同じであることから、門人の小川松民が所蔵していて第一回観古美術会に出品した印籠に該当する可能性があります。




    ↑先頭に戻る

    作者について知る⇒


    2006年 5月 1日UP
    2017年 4月12日展示替