• メール
  •  古満 巨柳 (こま こりゅう) ? 〜1796

    更紗文蒔絵硯箱 (さらさもんまきえすずりばこ)

     古満巨柳作 全体写真

     製作年代 : 江戸時代中期
    安永(1772)〜寛政6年(1794)頃

     法量 :
    縦407mm×横222mm×高140mm

     鑑賞 :
    高価な輸入材であった花梨の木の厚板を使った、巨大でエキゾチックな文様の硯箱です。 18世紀としてはとてもモダンな作品です。 蓋の裏には、これまた蒔絵のデザインとしては珍しい、夾竹桃が描かれています。 掛子に巨大な硯石を納める掛硯箱となっています。

     意匠 : 側面写真
    箱の胴部にエキゾチックな更紗風の唐草文様を平蒔絵としています。 それはぐるりと底まで連続しています。見返しは珍しい夾竹桃の高蒔絵としています。 更紗の唐草と夾竹桃に関連を探すとすれば、異国風ということでしょうか。更紗は長崎出島の交易品であり、 夾竹桃はインド原産で、中国から長崎経由で日本に入りました。
     側面の鐶は、素銅の座金と銀製の鐶になっていますが、 意匠的に付けられたもので実用とは考えられません。 巨柳の大作にはこのような形状の金具や透かし彫りがよく見られるのです。

     形状 : 見込み・見返し写真
    長方形角丸の硯箱で、 掛子に硯・水滴を納める掛硯となっています。 硯石も巨大で、板材も花梨の厚板であるため、 かなりの重量になり、頑丈に作られています。
     この硯箱の形は古満安匡作 「山水蒔絵硯箱」(静嘉堂文庫美術館蔵) と非常によく似ています。 掛子には巨大な長硯を置き、磨った墨が乾かないように硯蓋が付きます。 緋色銅の水滴はとても洒落ています。 ほこりが入らないように付けられた蓋は蝶番で開きます。 取手と座金は銀製です。水滴の台座は宣徳製です。 水滴の右には用途不明の窪みがあります。 ご存知の方はご教示頂けたら幸いです。

     技法 : 水滴・硯写真
    ・ 柾目のきれいにそろった花梨の厚板を使った頑丈な作りで、 掻合塗としています。 印籠蓋の立ち上がりは、貼り合わせではなく、 削り出して作っているのです。角には楔を打ち、長年の狂いに備えています。 制作から二百数十年の間に、底板は木目直角方向に約1.5mm縮んでいますが、 バラバラにならずにすんでいるのはそのためです。 巨柳の作品には木地蒔絵のものが多くありますが、 いつも名もない堅木指物師の技が冴えています。蓋裏写真
     掻合塗は柿渋で目止めをして、木地呂漆を何度も塗り込んで 美しい木目を出します。
    ・ 胴部の更紗文は、 青金粉を洗い出しとして、 渋いグレーの中にきらきらと金粉が光り、独特の風合いを見せています。 その上の唐草文は焼金と青金の平蒔絵として、葉脈は付描にしています。
    ・ 蓋裏の夾竹桃は高蒔絵です。 花・蕾は立体的に高上げした上に、朱漆で表し、銀粉の蒔暈かしとしています。 茎・葉は、焼金に青金の蒔暈かしとして、 何枚かの葉は青金の金貝を貼って変化を付けているのです。 銘写真

     作銘 :
    大作としては珍しい「古満巨柳作」の小字5字銘です。 こうした小字5字銘は休伯や安匡など 古満本家正統の作品に多く見られます。 通常「古満巨柳作(花押)」と大字で銘書するこの人が、わざわざこうしたのは、 古満本家としての仕事、つまり将軍家御用だったからではないでしょうか。 異常に大きい硯など、そう思わせる要素が揃っているように感じられます。


     伝来 :
    売立 大正5年(1916)2月15日に京都美術倶楽部で行われた「当市西陣岡村嘉太郎氏所蔵品入札」 と昭和13年(1938)5月30日に東京美術倶楽部で行われた「某両家所蔵品入札」に出品されています。 昭和13年以来67年ぶりに発見されました。大正以前の伝来は不明です。




    ↑先頭に戻る  作者について知る⇒


    全体写真

    雪中雁蒔絵印籠
    (せっちゅうかりまきえいんろう)

     古満巨柳作

     製作年代 : 江戸時代中期
    安永(1772)〜寛政6年(1794)頃

     法量 :
    縦70mm×横66mm×厚16mm

     鑑賞 :
    昭和9年(1934)まで大名家に伝来していたことが確実な古満巨柳の印籠です。 作銘を現在でも確認できるため、 貴重な基準作品となっています。雪中の雁を緻密な研出蒔絵で表しています。
      青ガラスの緒締に、菊形銀容彫根付が取り合わされています。

     意匠 :
    雪が舞う中を飛ぶ雁を、表に2羽を、裏に1羽を配したすっきりとしたデザインです。
      雪を不自然にならずに、うまく表現しています。

     形状 :
    昔形3段で、比較的大振りで、厚さが薄く、平形とも呼ばれる形状です。

     技法 :
    地塗は黒蝋色塗地に銀の大小不揃いの梨子地粉や平目粉を置いて、雪が舞ったかのように表現しています。 そこに地塗、地蒔を含めて、雁もすべて研出蒔絵で表わしています。雁の羽根等の細部は描割で 表現しています。 印籠内部
     段内部は朱漆塗で、立上りと釦は金地になっています。 また蓋裏に「十二」と墨書があります。

     作銘 :
    古満派の印籠の掟通りに、底部右下に楷書で「古満巨柳作(花押)」と蒔絵銘があります。





     伝来 :
    昭和9年(1934)2月15日に東京美術倶楽部で行われた「山口・稲垣両子爵家御蔵品入札」に 見出すことができます。 「一七六 印籠〆拾點 梶川、巨満、羊遊齋、桃壽、嘉置、他」とある10 点の内の1点です。 左上に写真があります。
      常陸牛久藩主山口家、志摩鳥羽藩主稲垣家もしくは近江山上藩主稲垣家伝来品と考えられます。 緒締も当時のままで、紐もオリジナルのものは別置保存されています。 海外に流出した形跡はなく、70年以上行方不明でしたが、今回初公開です。




    ↑先頭に戻る

    作者について知る⇒


    2005年12月 1日UP

    2011年 7月24日更新