• メール

  • 特別展示室では時代・製作地にこだわらず、期間限定で不定期に 名品を展示します。


    全体写真

    雁来紅蒔絵香合 
    (がんらいこうまきえこうごう)

    鵜澤松月作

     寸法 :
    縦79mm×横79mm×厚13mm

     製作年代 :
    大正末から昭和初期

     作者 :
     作者の鵜澤松月は、近代の名工で、最後の印籠蒔絵師とも言える人物です。 その作品は全世界68点の内、56点がスイス 内部全体写真 のバウアー・コレクション財団で所蔵されており、日本では知る人ぞ知る 名工です。 その技術は師の白山松哉に勝るとも劣らぬもので、海外では極めて高く評価されています。
     松月はいかなる美術団体にも所属せず、展覧会にも出品せず、 名利を求めずにひたすら優れた作品を作ることのみに没頭した人で、 松哉芸術の真髄を受け継いだ唯一の高弟です。そのため経歴など詳しいことが全く分かっていません。

    表拡大写真(倍率2.3倍)  作品 :
     この作品の作品名「雁来紅」とは、 葉鶏頭のことで、雁が来る頃に紅葉することから、雁来紅の別名を持ちます。 このモチーフは、松月の師、白山松哉が、 1900年のパリ万国博覧会に出品して好評を博した「雁来紅蒔絵屏風」に着想を得たものです。 松月による同題の作品は輪島漆芸美術館の「雁来紅蒔絵棗」と バウアー・コレクション財団所蔵の「雁来紅蒔絵香箱」があります。 その画風は極めて写実的でいて、芸術性の高いものです。 しかしこの写実的に見えるものは、実は写生ではないのです。 師の松哉は、何を描くにも、常に写生によらない下絵を20枚描かせたと云われています。 つまり写生を繰り返し、 見なくても描けるようになってから、ようやく下絵に着手するのです。
    見込み拡大写真(倍率3.3倍)  本作では黒蝋色塗地に、色漆を交えた5本の雁来紅を研出蒔絵で、2本を高蒔絵で表しています。 その葉脈は引掻きや吸い上げの付描を用いて、 ほとんど人間業とは思えない精度の仕事をしています。
     見返し、見込みは銀の刑部平目地 に紅葉の高蒔絵です。 おそらく平目粉は、師の松哉がそうだったように、形の良い物だけ、一枚ずつ選んだのでしょう。 松哉は「蒔辰」という粉屋に特殊な製法で蒔絵粉を特注し、しかも店先に腰掛けて、 形の良い平目粉だけ選り分けたと伝えられています。
     銀平目に色漆を使った紅葉が配された様子は、 まるで真っ白な玉砂利の上に散った紅葉のようで、実に清々しいものです。
    箱銘写真 作銘写真  保存状態が良かったため、 銀覆輪の外気に触れる部分は錆びていますが、 内部は全く錆びていませんでした。松哉は覆輪も自身で作ったと言われていますが、 松月はどうしたのでしょう。誰かに作らせたとしても、 やはり、自身で取り付けたのではないかと思います。 底には「松月」の研出蒔絵銘があります。松月自筆の共箱も附属しています。 松月の作品で共箱が残っているものは、 表書写真 わずか数点です。
     妥協を許さない作家だったので、駄作は1点もありませんが、 その中でも傑作の1つといえます。

    ↑先頭に戻る




    2014年 6月15日UP