• メール
  •  塩見 小兵衛(しおみ こへえ) 生没年未詳

     略歴:
    伝説的な江戸中期の京都の印籠蒔絵師、塩見政誠の後裔と考えられる江戸の塗蒔絵師です。 塩見政誠と同じ通称の小兵衛を称しました。
     江戸千家の祖、川上不白の好み物の茶器、引盃、菓子盆等の作例が見られます。 特に塩見政誠にも作例がある、本法寺の什宝で伝銭舜挙筆「鶏頭花図」(重文)を写した 「鶏頭蒔絵棗」は、不白の好み物として有名です。江戸後期、18世紀末から19世紀初めの江戸でに活躍したと考えられます。
    老松溜塗茶器箱書 老松溜塗茶器作銘 富士船蒔絵三組盃作銘  江戸中期の塩見政誠が篆書体の「鹽見政誠」の印形の朱漆銘や行書の蒔絵銘で「鹽」の字を使ったのに対し、 「塩」、「塩見」、「塩見工」など、特徴的な「塩」の字を使用しました。 箱書も同様です。活躍年代から見て塩見政誠の2代くらい後の代と考えられます。

     住居:
    塩見政誠が京都の蒔絵師であったのに対し、江戸四谷に住んだと伝えられます。 川上不白のために京都から移住した可能性があります。

     塩見一鳳斎:
    幕末の江戸の作風を示す「塩見一鳳斎」在銘の作品が数点現存しています。 塩見一鳳斎も、塩の字を使うことから、この塩見小兵衛の子と考えられます。

    塩見政誠について知る⇒

    作品を見る⇒

    2019年11月17日UP