• TOP
  • はじめに
  • 蒔絵概略史
  • 蒔絵師伝記 江戸
  • 蒔絵師伝記 名古屋
  • 蒔絵師伝記 京都
  • 作品展示室
  • 蒔絵用語辞典
  • 保存と修復
  • 印籠の装い
  • 発表論文
  • プロフィール
  • 研究日誌
  • リンク集
  • メール
  •  清川 守光(きよかわ もりみつ) 生没年未詳

     流派: 山田派か

     略歴:
    清川守光の経歴はほとんどわかっていません。文政〜安政頃に活躍していたようです。
     通称が吉兵衛で「塗師屋吉兵衛」・「塗師吉」などと呼ばれていました。 諱が守光で、寛遊斎・蓬山・衆山などとも号しています。作品のほとんどは印籠や根付です。 のちに伊予国大洲11代藩主・加藤泰幹に江戸で召抱えられました。

     実子はなかったらしく、幸阿弥派の小林貞玉の門人・清水伊之助を養子とし、 自分の1字と貞玉の1字をとって清川守貞と名乗らせ、家名を継がせました。

     住所:
    清川守光の住所は長らく不明でしたが、二宮尊徳の日記等から明らかになりました。 天保末には中橋・北槇町に住んでおり、 その出店は芝・神明の浜松町1丁目裏通りにありました。かなり手広く商売をしていたようです。 大洲藩に召し出されたのは晩年の可能性があります。

     門人:
    清川守貞

     加藤 泰幹(1813〜1853):
    伊予大洲藩の第11代藩主。従五位下、遠江守。 文政9年(1826)父泰済の跡を継いで藩主を相続しました。 倹約や公定価格制度を導入するなど、藩の財政改革に手腕をふるいました。

     作品を所蔵する国内の美術館・博物館:

    ・東京国立博物館(唐子遊蒔絵印籠松葉蒔絵印籠
    ・静嘉堂文庫美術館(露草蒔絵印籠・牧童蒔絵印籠・鹿寿老人蒔絵象嵌鞘印籠)
    ・茨城県立歴史館(◎唐子遊蒔絵印籠・◎魚介蒔絵根付)
    ・飯田市立美術博物館(色紙短冊散蒔絵印籠)
    ・大阪市立美術館(遊鯉蒔絵印籠)

    作品を見る⇒

    2008年2月3日UP
    2023年2月5日更新