• メール
  • 柴田是真
    生誕二百年展
  •  柴田 是真  (しばた ぜしん) 1807〜1891

    沢瀉片喰蒔絵印籠

    沢瀉片喰蒔絵印籠
    (おもだかかたばみまきえいんろう)

     柴田是真作

     法量 :
    縦81mm×横54mm×厚22mm

     製作年代 :
    江戸時代末期
    嘉永〜慶応頃(circ.1860)

     鑑賞 :
    沢瀉・片喰図は柴田是真の典型的なモチーフの一つです。 黒漆の余白をうまく残し、生き生きと伸びやかに描かれています。 大胆な素彫と切金・切貝を置いた緻密な蒔絵という正反対の技が、見事な調和を見せています。
     印籠と根付は、作者によって揃えて制作され、珊瑚玉の緒締が取り合わされ、署名した共箱まで付属し、 全体で1つの作品となっています。
     江戸時代からそのまま伝わってきたことが察せられる作品で、 19点現存する沢瀉片喰蒔絵印籠の中でも傑出した作品です。

     意匠 :
    沢瀉片喰蒔絵印籠 沢瀉・片喰をモチーフにしています。 沢瀉は葉の形が鏃に似ていることから勝軍草ともよばれます。 片喰は生命力が旺盛な雑草で子孫繁栄の象徴とされ、 是真は吉祥文としてこの二つを組み合わせたのでしょう。 この意匠の組み合わせによる是真の印籠は世界各地に19点現存しますが、 一つとして同じ形・同じ構図のものは存在しません。 すべてその都度、印籠の形に合わせて、自ら下絵を描いたのでしょう。 いくつかには共根付が残っていますが、根付は1点を除いて全て片喰です。 そして印籠のモチーフのメインはいつも沢瀉です。 つまり印籠の表と裏で沢瀉・片喰の対となり、 根付と印籠の表側で沢瀉・片喰の対となるよう 意識してデザインされているのです。 沢瀉片喰蒔絵印籠

     形状 :
    常形の紐通し付、4段の印籠です。是真の印籠下地は作品ごとに少しずつ異なります。 注文者の好みや体格、目的に合わせて、 オーダーメイドにしていたと考えられます。

     技法 :
    ・地塗りは、漆黒という言葉がぴったりな深く黒い黒蝋色塗地で、 大きな余白はその美しさを引き立てています。 沢瀉と片喰は薄肉高蒔絵で表しています。 葉の表現には、さまざまな金属粉(焼金粉・青金粉・小判粉・銀粉・赤銅粉・四分一粉)を使い、 さらに素彫で大胆にも刳り貫いているところもあります。 また葉には切金・切貝を整然と緻密に置いたり、 平目粉を蒔いたり、 落ち着いた色合いでしかも単調にならないよう工夫されています。
    沢瀉片喰蒔絵印籠 ・露の部分は一見すると白蝶貝のように見えますが、 これはガラス玉です。 錐のようなもので穴を開け、象嵌したのでしょう。 合理的な方法で最大の効果を狙うのが是真という人です。 是真の代表作「百善香籠蒔絵印籠」でも同じガラス玉が使われています。
    ・ところどころに揮われる片切彫や毛彫の冴えは、 実に素晴らしいものです。沢瀉や片喰の葉を思い切って、 深く彫り込んでいるところもあります。 彫った底も同じ黒漆になっており、 下地から十分乾かしながら、何層も塗り重ねたことがわかります。
     作銘 :
    印籠の底には「是真」の片切彫銘があります。 根付にも木地に直接「是真」と片切彫銘を入れています。

     共箱 :
    柴田是真は幕末の人ですから、多くの作品は共箱で作ったようでした。 ところが外国人が好み、大部分が外国に渡ったため、 共箱のほとんどが失われました。 特に印籠の共箱は国内でも失われやすい傾向にあります。 この印籠には共箱が付属し、 「是真作」の墨書と「古満」の黒文方形印が捺されています。 柴田是真作「沢瀉蒔絵印籠」(佐野美術館蔵) 共箱の筆跡とほとんど同じです。 また2011年に発見された別の1点の共箱には嘉永3年に「御領主拝領」とあるので、 これらは注文品というより、幕末に大名・富豪を得意先とした高級袋物商の人気ブランド商品 であったと推測されます。現存する19点の片喰沢瀉蒔絵印籠で共箱が附属するのは国内に現存するこれら3点のみです。
    内部拡大写真 ・中は金梨子地になっています。

     伝来 :
    伝来は不明です。海外に渡った記録はなく、 国内に伝来してきたようです。 通常、是真の共箱には、後に子孫や門人が極書をしています。 本作にはそれがないことから、製作以来、 長らく秘蔵されてきたであろうことは察せられます。

     展観履歴 :
    共箱銘 根付片切彫銘 印籠片切彫銘 2007 柴田是真生誕二百年展
    2012 根津美術館「ZESHIN」展

    ↑先頭に戻る  





    籠秋草蒔絵菓子盆
    (かごあきくさまきえかしぼん)

     柴田是真作

     製作年代 :江戸時代後期
    天保3〜10年(1832〜9)

     法量 :
    直径205mm×高23mm

     鑑賞 :
    尾形乾山の画風を取り入れながら、吉祥の要素を加えるなど洒脱さを加えた意匠です。 柴田是真30歳前後の未だ漆工として有名になる以前の極めて稀少な作品ながら、 黒石目、赤銅粉、四分一粉高蒔絵など、後の是真が頻繁に使うアイディアが随所に 散りばめられた作品です。

     意匠 : 『乾山遺墨』「花籠図」
    尾形乾山筆「花籠図」(重要文化財・福岡市美術館蔵)に着想しています。 この絵は酒井抱一が文政6年(1832)頃に刊行した『乾山遺墨』に掲載されています。 是真の師、初代古満寛哉は『乾山遺墨』のモチーフから数点の蒔絵作品を製作しており、 若き日の柴田是真も参考にしたと考えらえます。 もともと3つの花籠に桔梗、女郎花、菊、薄が入っていたものを、1つの花籠に 薄、女郎花、菊を入れています。菊が写実的な表現であるのに、 薄と女郎花を吉祥文に翻案しています。薄の穂は写実から離れて熨斗を意図し、 女郎花には、丁子、七宝、分銅が描かれています。 宝尽しを忍ばせたり、薄の葉の先を太くデフォルメしたところも是真らしい描法です。

     形状 :
    低い高台が付いた、丸形の菓子盆です。

     技法 :
     木胎の挽物を膠下地として、2度ほど黒漆を塗っています。 是真がまだ無名に近い30前後の作品で、 木地・下塗は流通していた中級品を使ったのでしょう。 しかし意匠を凝らし、蒔絵の技法は様々な工夫をしています。
     まず目を引くのは、琳派を意識し、籠を荒らした鉛板を切透かして、 大胆に貼付けたところです。 鉛板を貼付けてから、際錆を行い、上塗をしています。 他にも初期作に琳派の翻案作品があることから、 琳派の模作、翻案は、若き日の是真の一つのテーマだったと考えられます。
     次に目に付くのは、女郎花と薄の葉を、変塗の黒石目塗で表現したことです。 しかも石黄を混ぜて、青銅塗に近い色合いになっています。 後の是真が頻繁に使う技法です。 薄の葉のかすれた付描も是真らしい手癖です。
     さらに熨斗のような形の薄の穂は、金・銀粉だけでなく、 四分一粉や赤銅粉の平蒔絵になっています。 そして、赤銅粉の蒔絵には切貝を、四分一粉の蒔絵には切金も置いています。 こうした表現も、後の是真作品によく見られます。  
     また立体的に盛り上げられた、籠の口の紐や、 菊の葉などにも、後の是真の作風がすでに表れています。

     作銘 :
    底面左下に「是真」の蒔絵銘があります。この筆跡は天保5年(1834)、是真が28歳の 時に、花屋光枝編『狂歌尋じゅう集』に描いた挿絵の落款と同じです。 この時期のみの落款で、画人として先に名をなしたため、 絵画には「群鶴図屏風」(ホノルル美術館蔵)など作例が少なからずありますが、 漆工品では「楽器蒔絵印籠」(メトロポリタン美術館)と 「光琳写梅蒔絵印籠」(ハリリ・コレクション)のみでした。 この作品が3例目となり、極めて稀少です。

     伝来 :
    外箱 伝来は不明です。2012年に都内でうぶの状態で発見されました。

     外箱 :
    粗末な材の桐製四方桟蓋の外箱が附属しています。 いまだ無名時代の作品であり、制作当時の外箱と考えられます。

     展観履歴 :
    2012 根津美術館「ZESHIN」展



    ↑先頭に戻る  

    作者について知る⇒ 

    2005年11月22日UP
    2018年 9月 9日更新