• メール
  •  原 羊遊斎(はら ようゆうさい) 1769〜1845

     流派: 羊遊斎派

     略歴:
    明和6年、江戸に生まれました。 通称は久米次郎で、羊遊斎・更山と号としています。 デビューまでの経歴は杳として知れません。若い頃は放蕩者でしたが、 いつの頃にか、芝に住んでいた蒔絵師の鶴下遊斎に蒔絵を学びました。 二十代後半には古河藩主土井家の御用蒔絵師となっており、 後に二人扶持を給されています。
     文化初年から酒井抱一の下絵により江戸琳派の印籠・櫛類をその工房で作るようになり、 当時江戸で古満寛哉とともに並び称されました。
     また茶人で松江藩主の松平不昧に引き立てられ、 好み物の茶道具を製作しました。
     その他にも、一橋徳川家、熊本藩主細川家、福岡藩主黒田家、佐賀藩主鍋島家、 彦根藩主井伊家、平戸藩主松浦家など有力諸大名の御用も請けていました。 一方で谷文晁・大田南畝・亀田鵬斎・市川団十郎・中井敬義・中村仏庵 など文化人との交流も伝えられています。文化14年(1817)、丹後国田辺藩主牧野以成の命により、 入国150年記念の「梅蒔絵大盃」を谷文晁下絵、中井敬義書で製作したものなどはその好例です。
     神田下駄新道に住んでいて、根岸の寮は抱一の雨華庵と庭続きであったといわれています。
     弘化2年12月24日に没し、講安寺に葬られ、「巍岱院照月更山信士」と諡されました。 墓石は現在巣鴨の講安寺墓地にあり、墓石には自ら創作した「丸に羊字紋」が入っています。

     門人
    中山胡民・田邊平治郎・廣三・昇龍斎光玉岩崎交玉

     風貌
    49歳で剃髪し、自ら「神田の和尚」と称しました。大柄の男だったと伝えられ、 剃髪した時に谷文晁が描いた肖像画の写しがありあますが、ふくよかな顔立で、目じりが下がり、 ちょっと気難しそうでいて、温和な風貌です。(肖像は『漆と工芸』400号(1934年)より転載しています。)

     住居
    神田下駄新道(鍛冶町二丁目)に住んでいたことは、49歳の剃髪壽画像にもあります。 しかし言い伝えによれば神田藤十郎新道(紺屋町二丁目代地)であったとも言われています。 晩年に下駄新道から藤十郎新道に転居したか、藤十郎新道が工房であったか、どちらかでしょう。 地図の通り、この2箇所は同一ではありません。

     逸話
    羊遊斎は自ら蒔絵することはほとんどなく、腕の良い工房の職人に仕事をさせていました。 職人たちを厚く遇し、半日だけ自分の言うことを聞いて、仕事をすれば良いと言っていました。 つまり倍の工賃を払っていたということでしょう。 食事時には給仕をつけるなど、たいそう厚い待遇をしたようです。 羊遊斎本人は、名士との交遊に忙しく、蒔絵の仕事はほとんどせず、 足が悪いために、駕籠で得意先を回っていたといわれています。
     

     作品を所蔵する国内の美術館・博物館:

    ・東京国立博物館(芒桐紋蒔絵印籠・椿蒔絵櫛・萩蒔絵櫛・秋草虫蒔絵櫛・蔓梅擬蒔絵櫛・流水蒔絵櫛・
                亀沢瀉蒔絵櫛・松葉蒔絵櫛・菫蒔絵櫛・葛蒔絵笄)
    ・京都国立博物館(木瓜紋蒔絵櫛)
    ・東京藝術大学美術館(三福蒔絵盃 ・竹蒔絵笛筒)
    ・江戸東京博物館(蔓梅擬目白蒔絵軸盆・燕薮柑子蒔絵印籠・松梅蒔絵盃)
    ・静嘉堂文庫美術館(片輪車蒔絵螺鈿棗・菊蒔絵大棗・桐紋蒔絵茶杓・ 雪華文蒔絵印籠・秋草虫蒔絵印籠・菊蒔絵根付)
    ・永青文庫(枝椿蒔絵詠草箱・雪華文蒔絵印籠・紫陽花蒔絵印籠)
    ・三井記念美術館(春秋野蒔絵引戸)
    ・サントリー美術館(蜻蛉沢瀉蒔絵櫛)
    ・たばこと塩の博物館(時雨菊蒔絵煙草盆・菫蒔絵煙管)
    ・出光美術館(草木蒔絵葵盆)
    ・澤の井櫛かんざし美術館(渦巻文蒔絵櫛・藪柑子蒔絵櫛・薄蝶蒔絵櫛・菊紋螺鈿蒔絵笄・藪柑子若松蒔絵印籠・椿蒔絵印籠)
    ・MOA美術館(片輪車蒔絵螺鈿棗)
    ・掛川市二の丸美術館(芙蓉蒔絵印籠)
    ・桑山美術館(菊寿蒔絵香合)
    ・逸翁美術館(梅花蒔絵棗)
    ・野村美術館(蕨蒔絵会席膳)
    ・滴翠美術館(秋草虫蒔絵茶筅筒)
    ・大阪市立美術館(春草蒔絵印籠・花丸文蒔絵雲龍鼈甲彫鞘印籠・鶴宝船蒔絵盃)
    ・湯木美術館(菊蒔絵大棗)
    ・北村美術館(菊蒔絵大棗)
    ・香雪美術館(菊蒔絵大棗・四季草花蒔絵旅箪笥)
    ・田部美術館(菊蒔絵大棗
    ・古河歴史博物館(◎雪華文蒔絵印籠)
    ・手銭記念館(秋草蒔絵文箱)
    ・鍋島報效会徴古館(都鳥蒔絵琴柱箱・鼠嫁入蒔絵盃

    ↑先頭に戻る

    作品を見る⇒

    2005年11月22日UP
    2016年12月16日更新