• メール
  •  幸阿弥 忠光(こうあみ ただみつ) 生没年未詳

     流派: 幸阿弥派

     略歴:
    印籠が十数点現存しており、作風から江戸中期18世紀後半に江戸で活躍した印籠蒔絵師と考えられますが、経歴は全く分かっていません。
     幸阿弥姓を使っていますが、幸阿弥家の系図には登場しないので一門と考えられ、 年代から考えれば幸阿弥家13代正峯か14代長孝の門人と思われます。

     作品を所蔵する国内の美術館・博物館:

    ・東京国立博物館(嶋鵯蒔絵印籠
    ・静嘉堂文庫美術館(萩鹿蒔絵印籠・鬼灯蒔絵印籠)
    ・東京富士美術館(月梅蒔絵印籠)

    ↑先頭に戻る

    作品を見る⇒


    2018年 7月21日UP