• メール
  •  守川 嘉良斎(もりかわ かりょうさい) 

     流派: 山田派

     略歴:
     嘉良斎は文献が一切残っていない蒔絵師で、印籠の作品のみが確認されています。 作銘に壺印が使われていることから、 長年、欧米では梶川一門の印籠蒔絵師と考えられていました。
     しかし、「南都八景蒔絵印籠」(フィンランド・クレスコレクション)が 「常嘉斎下絵集」に収載される印籠下絵と完全に合致することと、 号に「嘉」の1字を使うことから、現在では山田常嘉の一門とも考えられています。 江戸後期の江戸の印籠蒔絵師であることは動かぬところです。

     苗字を記した作品は僅かに2点のみが確認されています。 「松孔雀蒔絵印籠」には「守川嘉良斎」とあり、「菊蒔絵印籠」には 「石橋嘉良斎」とあります。時期が異なるのか、何らかの事情により、 「守川」・「石橋」両方の姓を称していたようです。 江戸には幕末期に石橋姓の蒔絵師が2家ありましたので、 その関連も考えられます。

     作風から見て、寛政から文化頃に活躍したように思います。 また新たに発見した「唐松孔雀蒔絵印籠」の印文に「瞎」とありますので、片目に障害があった可能性があります。 いずれにしても謎だらけの工人ですが、 遺された作品はいずれも格調高く、傑作揃いであり、徳川将軍家の周辺で活躍していたと考えられます。

    ↑先頭に戻る

    作品を見る⇒
    2020年1月1日UP